ギャップが少ない

6月 19, 2015 by admin
家庭教師といっても色々で、東大生の家庭教師もいますし、他大学の家庭教師もいます。また年齢がかなり上の家庭教師もいます。皆さんは、現役学生の家庭教師と、年齢がかなり上の家庭教師ではかなりの違いがあるという事をご存知でしょうか。

例えば親御さんがお子さんに勉強を教えようと思った時、「あれ?私の時と違う?」と戸惑う事があります。勉強には自信がある、高校数学は得意だったから教科書を読めば教えられるだろうとみてみると、あれ?待って、基礎解析とか代数とかってないの?とびっくりします。こうした科目割は以前と違っていることが多いのです。

年齢がかなり上の家庭教師の場合、教科書の科目割が変化していて、学校の勉強も昔とは違う順序になっているとやはり戸惑います。内容に違いはないけれど、割り振られている科目が違うため、あれ?と思いながら指導する家庭教師もいます。ジェネレーションギャップが家庭教師にもあるんです。

東大生の家庭教師の場合、ついこの間まで高校生だったという先生です。年齢が近いから高校の時の学習内容もついこの間の記憶です。科目割も同じなら指導に戸惑いもなく、ジェネレーションギャップが少ないから、指導される学生も近い存在として指導をしっかり受けられるのです。

Sorry, the comment form is closed at this time.