自分のノートは参考書

6月 19, 2015 by admin
定期試験でも成績が伸びない、模擬試験も結果が出ない、統一テストなどでもかなり低いレベル、頑張って勉強しているのにどうして成績が上がらないのか、これは勉強の的がわかっていないからです。何時間も必死に勉強しても、これでは同じです。ただ教科書をやみくもに読んでも、頭に入ってこないのでは時間の無駄です。

東大生のノートというのはとても整理されています。すでに中学くらいの年代で勉強の仕方、コツを分かっていますので、自分なりの整理方法があり要点の掴み方がわかっているため、ノートの書き方も実に簡潔で的を射ています。ともすると、ノートを書いた東大生本人にしかわからないこともあります。そのくらい簡潔で、要点を得ているのです。

成績が伸びないという子は、要点が多すぎる傾向にあります。教科書の中のどの部分が大切なポイントなのか、わからないからノートがきれいに書かれていても、意味のないノートです。まるで教科書の丸写し?という生徒もいます。

自分だけの参考書づくりのようにノートを作る事ができるようになったら、勉強もはかどりますし、定期テストも模試も、そのノートを中心に復習していけばいいのですから、時間のロスがなく成績も上がっていきます。自分だけのノート作りの天才が東大生です。東大生の家庭教師からノート作りのノウハウも伝授してもらえます。

Sorry, the comment form is closed at this time.