周りに仲間がいない

6月 19, 2015 by admin
進学校であれば、国公立でも私立大学でもレベルの高い大学への進学を目標とする仲間が大勢います。みな、合格という事に向かって、日々勉強を頑張っているのですから、勉強する事、頑張る事が当たり前になっています。でも、そういう環境にない子もいます。

保護者の方の仕事の都合や経済状態、地域的な問題などで、進学校ではなく一般的な学力を持つ高校に行くと、進学校ほど高レベル大学を目指す生徒がいないので、切磋琢磨するという気持ちもなくなっていきます。進学校では必死に勉強しておかないとライバルたちに勝てません。定期テストの順位も落とすわけにいかないと頑張りますが、競争相手がいないという事は自分自身がライバルと考えるしかありません。

ここで東大生家庭教師を考えてみましょう。ライバルがいなくても仲間が勉強熱心じゃなくても、東大生の家庭教師はレベルの高い大学への受験対策をしっかり練ってくれます。基礎確認はもちろんですが、弱点克服、受験する大学の問題形式に慣れるなど、大学受験を強く意識した指導をしてくれます。赤本など過去問題をよく利用し、「この大学に行くのだから必死に勉強する事が必要なんだ」という事を植え付けてくれます。進学校ではなくても、東大生の家庭教師がいる時間を、進学校と同じレベルの勉強ができていると考えればいいのです。

Sorry, the comment form is closed at this time.