悪いサイクルを断つ!

6月 19, 2015 by admin
高校受験で進学校に合格!目標をクリアしたのですから、これは大変うれしいことです。しかし、案外多いのがあまりのレベルの高さに学校の勉強についていくことができないという生徒です。高校になると特に数学など、格段にレベルが上がっていきます。特に有名進学校などになれば、授業の進みも早く予習復習は当たり前の世界ですから、ちょっとよそ見をしていれば即、置いていかれます。すると得意科目は不得意科目となり勉強したくなくなり、さらに落ちこぼれていく・・・非常に悪いサイクルです。

こうした場合、東大生の家庭教師は何が躓きとなったのかを含めて、その前段階から徹底して基礎問題を反復させ、わからなくなった部分の理解を定着させます。このわからなくなった時点がとても重要なのです。躓きをそのままにしておけば、その先に足を踏み出すこともできなくなるからです。

わからなかったことが自分の中で知識としてしっかり定着しても、わかりにくかったことがまたわからなくならないように反復します。ほかの知識が入った時点で、一旦立ち止まり、もう一度不得意な問題が解ければ、その学習内容は定着したと考えられます。

何度も立ち止まって反復、こうして基礎が定着し次のステップに進むことができるようになります。東大生の家庭教師を依頼する事で、悪いサイクルを断ち切るきっかけが作れます。

Sorry, the comment form is closed at this time.