指導から理解の定着へ

6月 19, 2015 by admin
多くの学生家庭教師は家庭教師派遣サイトなどに登録し、派遣されて各ご家庭へ指導に伺います。通常、何もレクチャーされず家庭教師になる事は少なく、家庭教師としてどのような指導を行えばいいのか、そのノウハウを勉強してから家庭教師として派遣されます。東大生の家庭教師についても同じです。

東大生の家庭教師を依頼する事の利点は、ただ家庭教師としてのノウハウを児童、生徒、学生に伝達するだけではなく、その指導した内容が理解され定着するまで指導をしてくれる点です。なぜそこまでの指導ができるのかというと、実際に自身が東大を受験し合格するまでの勉強内容について、ただ受け取るのではなく頭の中に入れて理解し、自分の知識として定着するまで勉強する事が必要とわかっているからです。

例えば英単語も、ただ英単語を多数記憶するのではいつか忘れていくこともあるかもしれない、でも、英単語の意味を理解し実際に熟語や文章として活用できるほどに理解する事で、記憶から漏れない勉強となります。教えてもらう、記憶する、理解し実際に応用してみる、そして初めて教えてもらったことが自分の知識となる、この指導ができるから東大生の家庭教師は質が高いといわれるのです。

Sorry, the comment form is closed at this time.