東大を身近に感じる

6月 19, 2015 by admin
東大生の家庭教師を利用する事の意義、それはまず、東大を身近に感じるという点です。中学校年代、高校年代で東大を身近に感じている学生は少ないでしょう。ただほかと違うのは、東大に行きたいと思う年代がほかの大学志望の子よりも早いという事です。東大を志望する学生の多くが、比較的早い段階で東大志望を決定し、そこに向かって進んでいます。

東大に行きたい、また東大でなくとも国公立、私立大学でレベルの高い大学への進学を考えている学生にとって、やはり、東大生というのは憧れです。東大生の家庭教師を持つことで東大という世界的にも有名な大学を身近に感じ、その存在は非常に大きな価値を持つものです。漠然といい大学へ行きたいなという思いから、こうなりたいという絶対な目標を持つ学生も多いでしょう。

目標に近い存在が身近にいて、その人が自分に勉強を指導してくれるのですから、頑張らないわけがないです。東大生ってすごいなという状態から、東大生の家庭教師から指導されていることで、そこに到達できるかもしれないという現実も目的が明確になっていくのです。

憧れの人の存在が近ければ近いほど、人を成長させます。東大生は受験生にとって一番身近で一番目的となる家庭教師となるのでしょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.