中学受験経験者もいる

6月 19, 2015 by admin
東大の家庭教師を依頼されるご家庭の中には、お子さんが中学受験を控えている方も多いでしょう。高校や大学で受験戦争するよりも、中学に上がる時に受験をさせておく方が、子供も素直に受験勉強に励むだろうし、何より後が楽だろうとする考え方です。

確かに経験という上でも、中学受験をしておく方が安心感もあります。家庭教師を利用する際にも、高校受験前よりも中学受験を考慮する小学生の方が受け止めやすいとも、考えられます。

実は東大生の中にも中学受験経験者が多く、中学受験を受ける前に、家庭教師に指導してもらっていたという経験を持っている人も少なくありません。中学受験の経験を持っていて、なおかつ東大合格を果たした家庭教師となれば、お子さんの中には「将来目標となる人物が家庭教師」と認識する子も多いでしょう。

中学受験の前に自分がどうやって勉強していたか、どんなところをポイントにしていたか、小学校の教科書を見れば、そのポイントがわかります。要点と指導を受ける小学生の不得意ポイントを踏まえ、その子に合った指導ができるのが東大の家庭教師です。受験を控えたお子さんにとって最初の難関を乗り超えるための一番の味方になるのが東大生の家庭教師です。

Sorry, the comment form is closed at this time.