早い年代から指導を!

6月 19, 2015 by admin
どこの大学を志望するか、その決定をするのはだいたい高校の時でしょうか。中学でも高校でも大学でも難関校と呼ばれる学校を受験し合格を果たすためには、基礎学習が何よりも大切です。基礎学習がしっかりできている子ほど、応用もこなせる学力がつきます。

特に中学校の学習は、高校の基礎となるものなので、中学の勉強が理解できないままになっていると高校に入って受験勉強をする際、大きな壁となります。こうなると中学校の基礎部分をまた高校でやり直ししていくことが必要なので時間もかかってしまいます。東大の家庭教師を小学校や中学校からつける保護者がいるのは、基礎学習が重要という事を理解されているからです。

小学校、中学校の時につける家庭教師こそ、どんな人が担当するかが非常に重要です。高校になると自意識が強くなり、勉強の習慣づけがしにくくなります。小学校、中学校でわかりやすく質の高い指導を受けていると、継続したつみ重ね学習が成績アップにつながる事を、身をもって知るはずです。

東大生の家庭教師を小学校、中学校から利用する事は、受験だけではなく日々の勉強をしっかり行っていく意味を伝える指導ともなります。東大生が積み重ねてきた経験を、早い年代で指導してもらうのは非常に大きな利点となります。

Sorry, the comment form is closed at this time.