学生を理解した指導

6月 19, 2015 by admin
家庭教師の中には、ただ問題を解かせればいい、時間内勉強させればいいと勘違いしている人も少なくありません。残念なことに、営利主義でお金をもらえればいいやと思っている家庭教師もいます。多分こういう家庭教師はエスカレーター式で大学まで進んでいたり、推薦入試やAO入試、一芸で合格した先生ではないか?と考えられます。

東大生の家庭教師は熱心です。なぜこんなに熱心に指導ができるのかと考えてみると、やはり自ら受験で頑張ってきた、苦労してきた、苦悩してきたという経験があるからでしょう。

東大に合格するというのは大変なことです。中には塾にも行かず、家庭教師もつけず独学で東大一発合格を果たしたというとんでもない頭脳の持ち主がいますが、通常、勉強して脳を磨いて!必死に踏ん張って勉強してきたからこそ合格したはずです。くじけそうになったり、遊びたいと思ったり、そういう思いをしてきた経験があるからこそ、東大生家庭教師は違うのです。

家庭教師を行う上で、この子は何が足りないんだろう、どこが不得意なんだろうとその把握からはじめます。多くは自分が躓いたところだったり、壁になりやすいところなので、勉強をつみ重ねてきた東大生にはすぐ、不得意がわかるでしょう。そこをしっかり補填し、わからないところを放っておかない質の高い指導が魅力です。

Sorry, the comment form is closed at this time.