学校の授業本位

6月 19, 2015 by admin
私立大学でも国公立大学でも同じですが、進学塾に通っている学生の中に、学校の授業中、進学塾のテキストを読んでいたり、問題集を解いているという学生がいます。学校の授業は進学塾よりも遅れている、またレベルの低い問題なので、進学塾の問題集を解いている方が、自分の為になるというのです。でもこれは間違いです。

確かに進学塾の方が学校よりもレベルの高い学習指導を行っているかもしれません。でも、東大生の多くが学校の授業を真剣に聞き、その授業で指導されたことを頭の中にしっかり叩き込む勉強をするのが基本といいます。進学塾のレベルの高い学習よりも、授業の内容を頭の中に入れ、その内容を活かした応用問題を解いていく方が結果的に頭に深く刻み込まれていくのです。

特に進学校に通っているのなら、進学校の授業はまさしく受験対策となる深い授業が多いです。その授業を集中力をもって受け、よく理解できない部分は東大の家庭教師に深く説明してもらいましょう。東大の家庭教師は、まさしく、学校の授業主体の学習をしてきた、大先輩ですから、わかりやすく、丁寧に指導してくれます。さらに応用を、という場合も、学校の授業、教科書から作ってくれますので、よりわかりやすいでしょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.