東大家庭教師の指導

3月 26, 2015 by admin

中学生くらいになるとそろそろ進学塾に通う事や家庭教師を付ける方がいいのでは?と多くの保護者が考えます。早い子では小学校から家庭教師に依頼し、お受験のための勉強を積み重ねています。

保護者の中にはお子さんが幼稚園など年齢の低い時に、有名私立大学の付属幼稚園を受験させ、レベルの高い教育を受けさせておき、そのまま成績を保ってエスカレーター式に大学まで行くもよし、国公立を目指して途中から方向変換するもよしと考えている方もいます。小さい頃の方が親の言う事を聞くので、幼稚園くらいの年齢のうちに、レベルの高い学校に入れて、必要なときに家庭教師などを付ける、進学塾に通わせればいいという考え方です。

受験に打ち勝つ

私立大学の幼稚舎からエスカレーター式に上がって行って、国公立を受ける際には、当然、国公立の受験のための勉強が必要になります。私立大学進学と国公立大学への進学では、学習方法が違うからです。進学塾の中にも暮らすわけがあり、私学受験クラスと、大学受験クラスがあります。これは勉強の内容、勉強する必要がある学科に違いがあるからです。

進学塾でも家庭教師でも国公立受験、また私学受験に精通した講師が必要です。どんな講師が最適なのか?というと、東大生です。東大生は国立を受験しているのだから、私学受験の勉強はダメでしょ?という人がいますが、いえいえ、彼らも滑り止めに私学受験を受けていますから、その勉強方法も心得ているのです。しかも彼らが受ける私学の滑り止めは、レベルの高い私学なので、質の高い受験のための勉強を教えてもらえるという利点があります。中でも東大家庭教師は、担当する生徒の事を十分考慮してくれる指導ですから、受験に打ち勝つための手段を知る事ができる最高のシステムでしょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.